京都 三宅玄祥 二世作 鳳仙花 赤黒

●人形
京都 三宅玄祥 二世作の親王飾りです。生地は正絹西陣織を使用しています。西陣織とは京都西陣で織り上げられる伝統的な織物のことで、天然の絹糸を使用して織り上げられ、経済産業省より伝統工芸品に指定されています。天然の絹糸ならではの上品な発色となめらかな手触りが特徴です。
幾年月を経ても、色褪せることなく、正絹西陣織ならではの風合いを保ち続けます。深みのある黒地に花柄を配して、金糸でまとめあげました。 正絹西陣織を使用した京雛ならではの、上品な風合いをお楽しみください。

●御道具
大阪 芳精堂製 屏風は金の雲竜和紙を使い、高級感を持たせながらも、人形を引き立てています。飾台は黒塗のセパレートタイプで、33cm四方の飾台が2枚となっております。収納時にはコンパクトになります。木製の燭台、桜橘付。

●頭師(かしらし)
埼玉県さいたま市 大生 峰山(たいせいほうざん) 経済産業大臣指定伝統工芸士
安生仁一に師事した父に師事し、頭制作を始め技術改良を重ねて現在に至る。昔ながらの雛人形のお顔を再現した面相は、平安時代の高貴な貴族を思わせるような古典的な美しさが感じられます。

●御道具製作
大阪府大阪市 芳精堂製 天保3年(1832年)創業。5代にわたり曲げ物を製造しており、185年に及ぶその技術は今も進化し続けている。

●人形生地
京都府京都市 大島金襴製 京都の名門の金襴卸問屋、小林金襴織物で28年以上奉公し、織り方の組織、色目を学び、昭和58年に独立し、現在に至る。

●商品詳細
商品名 京都 三宅玄祥 二世作 鳳仙花 赤黒
サイズ 間口66×奥行33×高さ26cm
金額 183,600円(税込)

・商品の取り扱いは店舗により異なります。
・掲載商品の売り切れの際はご容赦ください。
・掲載商品の色柄等は多少異なります。また、商品の仕様は予告なく変更する場 合がございます。