京都 三宅玄祥 二世作 手描刺繍 南天

●人形
京都 三宅玄祥 二世作の親王飾りです。生地は正絹西陣織を使用しています。西陣織とは京都西陣で織り上げられる伝統的な織物のことで、 天然の絹糸を使用して織り上げられ、経済産業省より伝統工芸品に指定されています。天然の絹糸ならではの上品な発色となめらかな手触りが特徴です。 幾年月を経ても、色褪せることなく、正絹西陣織ならではの風合いを保ち続けます。 正絹西陣織生地の上に、京友禅の技法で描き上げた絵付け施しています。型染めでは表現できない、手描きならではの優しい絵付けが特徴です。 図柄には「南天」を使用し、金彩絵付けを施しました。南天は「難を転ずる」に通じるとされ、古来より大変お目出度い図柄とされています。 京雛ならではの伝統工芸の技術を生かした京雛です。

●御道具
大阪 芳精堂製 屏風には人形の柄と合わせて南天柄を手描きで施しています。紅白の二段の色合いがお目出度さを引き出しています。飾台は黒塗のセパレートタイプで、33cm四方の飾台が2枚となっております。収納時にはコンパクトになります。木製の燭台、桜橘付。

●人形作家
京都府宇治市 二世 三宅玄祥作

●頭師(かしらし)
埼玉県さいたま市 熊倉基安(くまくらもとやす) 平成元年、埼玉県工業技術研究所長賞受賞。平成5年、埼玉県知事に優秀技能者として表彰されました。同9年文部大臣賞受賞。

●御道具製作
大阪府大阪市 芳精堂製 天保3年(1832年)創業。5代にわたり曲げ物を製造しており、185年に及ぶその技術は今も進化し続けている。

●人形生地
京都府京都市 伴戸商店製 創業昭和22年、京都の名門の金襴卸問屋。その製品は人形用生地をはじめ、和装小物はもちろんのこと、いまやその枠を飛び出し、インテリアのファブリック、手芸材料、ファッションの分野、映画の世界にまで、和洋といった単純なジャンルではなく、多彩な分野で活躍しております。

●京友禅師
京手描友禅師 秀硯(しゅうけん) 経済産業大臣指定伝統工芸士 きのした染色工芸代表

●商品詳細
商品名 京都 三宅玄祥 二世作 手描刺繍 南天
サイズ 間口66×奥行33×高さ26cm
金額 210,600円(税込)

・商品の取り扱いは店舗により異なります。
・掲載商品の売り切れの際はご容赦ください。
・掲載商品の色柄等は多少異なります。また、商品の仕様は予告なく変更する場 合がございます。